妊娠中のトラブル

腹部

肌トラブルを防ぐ

妊娠をすると誰もが知っているように、お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれてお母さんのお腹は大きくなってゆきます。妊娠していれば誰もがそのようになります。そしてお腹が大きくなった時に出てきてしまうトラブルが妊娠線です。これは妊娠によって通常のお腹の大きさよりも大きくなってしまう為、そのお腹の成長に皮膚がついてゆけずに肌が裂けてしまう現象の事を言います。ですがこの妊娠線は予防する事が出来ます。予防する事で大切な事はクリームを使っての予防が重要になってきます。もともと小柄な体型だった人、細身だった人、乾燥肌気味な人に妊娠線は出来てしまいやすいので、該当する人はクリームをお腹に塗って予防するようにしましょう。お風呂上りの時間に塗るのが一番効果的なので、お風呂上りにスキンケアが終わったらお腹周りをクリームで保護してあげるようにしましょう。この時に使うクリームはボディクリームでも良いですが、妊娠線予防専用のクリームも売っているので、それを塗るようにするとより妊娠線を予防する事が出来るでしょう。妊娠線は出来てしまってからよりも出来る前の段階で予防しておく事がとても大切です。なので妊娠が分かったら、サプリメントを購入するのと同時に妊娠線予防専用のボディクリームを購入して、お風呂上りにお腹の赤ちゃんに話しかけながらクリームを塗るリラックスタイムを設けるようにすると良いでしょう。中にはお腹ではなく足に妊娠線が出来てしまう場合もあるので念の為、お腹だけではなく足を含めた全身に塗るようにすると良いでしょう。