日々の予防が大切です

妊婦

早くから対策をする

妊娠をすると多くの人が妊娠線ができてしまいます。しかし、しっかりと対策をすることによって妊娠線ができるのを予防することができます。妊娠線ができる原因として、急激に成長することによってそのスピードに皮膚が付いていけずに皮下組織に亀裂が生じるということにあります。特に、妊娠20週目あたりから生じやすくなるので、その前からクリームを塗り始めて予防をすることが大切です。クリーム選びも重要なポイントで、保湿成分が豊富に含まれているものを選ぶことです。実際のクリームにはワセリンやセラミドの他に、ヒアルロン酸やコラーゲンが含まれています。その中で、ワセリンは肌表面をカバーしてくれる効果があり、垂れず塗りやすいため付けたい部分に適切に塗ることができます。そして、ワセリンは肌内部に浸透して角質層の隙間に入ることによって潤いをキープしてくれます。そのため、急激に皮膚が伸びるのに対応することができ予防になります。そして、多くの人が知っているヒアルロン酸やコラーゲンも保湿成分では欠かせない成分です。そして、製品によって配合量や香料も違うため、自分に合っているものを早めに見つけることが大切です。ちなみに、香料にはリラックス効果もあり、保湿成分と同じくらい大切な部分です。そして、クリームを塗り始めるのは早いほうが良いのですが、妊娠6か月からお腹が大きくなるのでその前からおこなうことが大切です。そして、塗る部分もお腹周りだけでなく、バストや太ももやヒップなどにやさしくなでるように塗ることがポイントです。そして、毎日欠かさず行うことが大切で、妊娠線をしっかりと予防するためにもたっぷりと塗ることが大切です。