妊娠線は予防が肝心

美容クリーム

予防策は毎日のお手入れ

妊娠線は妊娠することで急激に太り、皮膚の奥にある皮下組織である真皮層の部分が断裂することによって起こるものです。表皮部分は比較的伸びは良いものですが、真皮層はもともと伸びにくい組織であることです。そして妊娠に伴って血行が悪くなっていることも原因と言われています。このようなことが理由でできてしまった断裂は元に戻すことはできず、できたばかりであれば内出血のため赤い傷のようになっているのが特徴です。時間が経過してくると出血が治まり、白い傷跡となりますが、この白い傷跡も意外に目立ってしまいます。ですから妊娠線はできてしまう前に予防することが肝心です。一番の要となるのが急激に太り過ぎないよう、しっかり体重コントロールをしておくことが大切と言えるでしょう。また、並行して予防対策としておすすめになるのが妊娠線予防クリームです。妊娠線予防用のクリームは、通常のクリームよりも妊娠線予防に特化しているため、潤い成分が多く含まれており、また、マッサージしやすいのも特徴です。このようなクリームを使って毎日のお手入れをすることがおすすめです。妊娠線ができてしまう部分では比較的乾燥していることが多いものでしょう。そのような部分の皮膚を潤し、真皮層に柔軟性を与えるため、乾燥しやすいお風呂上りなどに、妊娠線のできやすい気になる部分に予防クリームをたっぷりと塗り、しっかりとマッサージすることがコツです。潤いと共に皮膚の血行も良くするため、皮膚全体の柔軟性もアップして予防に効果を発揮します。